視覚を失うほど広がる美しい海。

『ソフィ・カル ── 最後のとき/最初のとき』

「視野の果てまで(視覚を失うほど)広がる美しい海」
生まれつき盲目で、一度も海を見たことがない男性が
作者の質問「これまでに見た一番美しいものは何か」
に対して放った衝撃的な答えだったそうだ。

<盲目の人々><最後に見たもの><海を見る>
と、厳かで美しい墓標のような作品が続く。

今見ているものが最初の出会いであり、
かつそれが最後の機会である可能性もある。
また、一人の人間が一生のうちで
一度も見ないままで終わる対象はどれほどあるのか。

入口でいただけるこのガイドブックに
これほど重みを感じる展覧会は少ない。
大切なもの、大切な人をしっかりと見つめなおして
心に刻んでおきたくなるはず、きっと。

豊田市美術館にて12月6日まで、ぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です