雨上がりの豊田市美術館。

平日、朝一、雨上がり、最高の贅沢。

はじめて名鉄豊田線を利用してみた。
慣れた駐車場とは反対側の入り口。
そこは裏口の風情を漂わせ、日陰にひっそりと。

建物には入らず、そのまま遊歩道へ。
見慣れているはずの風景が不思議に違って見える。

『ソフィ・カル ── 最後のとき/最初のとき』
作品も天候・気持・環境にぴったり。これまた贅沢。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です