動画

映画『コンスタンティン』観た。

天使と悪魔の関係は宗教観の違いもあり
なかなか理解しづらいものだが、
この映画の中では、それが我々が思う
「善・悪」の絶対的ポジションとはやや違ったものようだ。
悪魔に複雑な親子関係があったり、
天使が神を裏切ったりすることもあったりする。

全編でやさぐれたエクソシストである
キアヌ・リーブスの体調の変化が、
その時々微妙に顔に反映されていて面白い。

そのキアヌ・リーブスとレイチェル・ワイズの距離が
縮まりそうで縮まらない感じもまた、
壮絶なストーリーとは別のところで歯痒く興味深い。

映画『ペット・セメタリー(2019)』観た。

映画『ペット・セメタリー(2019)』観た。
リメイク版。原作とはかなり違っるのか?
原作を読んだのはかなり前なので判断が困難だ。
もう一度原作『ペット・セ“マ”タリー』を読んでみる必要があるのかも。

というわけでとりあえず、
映画『ペット・セメタリー(1989)』観てみた。
どうやらこちらの方が原作に近いようだ。
原作者スティーヴン・キング本人が
カメオ出演していることからも推察できる。

続きを読む 映画『ペット・セメタリー(2019)』観た。

映画『グリーンブック』観た。

凸凹コンビのロードムービーはよくあるが、
その凸凹具合が複雑すぎる。根底に流れる差別のベクトルも
複雑に絡み合い、どこから手をつけたらいいのやら。

主役のキャデラックをはじめ、
全編に登場する当時のクルマたちが美しい。
また『石』『銃』『手紙』『買収』などの仕掛けが多く、
尚且つそれぞれが繊細だ。

無責任な望みと知りながらも、
この実話を奇跡と呼ばなくてもいい世の中になることを祈るのみ。
エンディングが暖かく大晦日によく似合う。

映画『ドクター・スリープ』観た。

映画・小説『シャイニング』の続編。
小説の続編の難しさの上に映画の続編の難しさを背負った本作。

映画版・テレビ版『シャイニング』の内容を継承し、
スティーヴン・キングファンを納得させなければならない
という使命をも負っている。

ファンにはお馴染みの名場面が数多くフラッシュバックが現れ、
押さえ所はしっかりと押さえてある印象だ。
ただ、一見さんにとって面白いかどうかというと首を傾げてしまうかも。