動画

映画『グリーンブック』観た。

凸凹コンビのロードムービーはよくあるが、
その凸凹具合が複雑すぎる。根底に流れる差別のベクトルも
複雑に絡み合い、どこから手をつけたらいいのやら。

主役のキャデラックをはじめ、
全編に登場する当時のクルマたちが美しい。
また『石』『銃』『手紙』『買収』などの仕掛けが多く、
尚且つそれぞれが繊細だ。

無責任な望みと知りながらも、
この実話を奇跡と呼ばなくてもいい世の中になることを祈るのみ。
エンディングが暖かく大晦日によく似合う。

映画『ドクター・スリープ』観た。

映画・小説『シャイニング』の続編。
小説の続編の難しさの上に映画の続編の難しさを背負った本作。

映画版・テレビ版『シャイニング』の内容を継承し、
スティーヴン・キングファンを納得させなければならない
という使命をも負っている。

ファンにはお馴染みの名場面が数多くフラッシュバックが現れ、
押さえ所はしっかりと押さえてある印象だ。
ただ、一見さんにとって面白いかどうかというと首を傾げてしまうかも。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』観た。

知人のオススメで‥。

2大スターの共演と賞獲り等でも話題になった作品でありながら、
今まで観たことがなかった。
何故なら、私の中でタランティーノ監督作品は
『キルビル』の冒頭シーンで止まってしまっていたからだ。
ゾンビもので流血残酷シーンには慣れているものの、
その時の体調のせいもあってかその先へ進めなかった
(未だキルビルの全編は観ていない)。

高度な映画オタク監督の作品だけに、
各シーンの伏線や仕掛けを探り探り“シャロンテート事件”の
予備知識を取り入れつつ、慎重に観進めた。
そんなこんなでなかなか作品の調子が掴めない。
散文詩のような展開が続き‥。

大団円!

これは映画を愛する監督の復讐劇なのか。
大暴れの後の糸の切れた凧のようなエンディングが切ない。

時代の変換期。日本での“浅間山荘事件”と同じような役割を
果たしたであろう“シャロンテート事件”。大阪万博の前の年だ。

映画『ボヘミアンラプソディ』観た。

遅まきながら。

私個人のクィーンに対する認識では
主人公のフレディ・マーキュリーはあまり似ていないが、
他のバンドメンバーは本人にしか見えないほど似ている印象だ。

この作品の爆発的なヒットの理由は、映画の良し悪しというよりも、
クィーンが繰り出す音楽を含めたパフォーマンスの凄さ故だと理解した。

リアルタイムでクィーンを知らない世代の人たちにとっては、
このメンバーがクィーンそのものだと感じたんだと思われる程の出来の良さ。

上質で壮大なリマスタリングMVだったような気がする。音は抜群!

泣きどころはエンディングの『伝説のチャンピオン』の歌詞あたりなのかな?

誰にも似ていないフレディ・マーキュリー、
オリジナルのステージを見返すとその凄まじさに改めて鳥肌が立つ。

映画『ジョーカー』観た。

噂どおり美しい映画だった。
どのカットをスチールにしても成立するほどだ。

映画『タクシードライバー』に影響を受けているとのこと、
その世界観を漂わせつつロバート・デニーロが
世代交代の役割を果たしているところが興味深い。

以前、ラジオで大竹まことさんが
「この主人公を演じられる俳優が日本にいるのか?」
とおっしゃられていたが、正に。

映画のようで、ドキュメンタリーのようで、
白日夢のようで、ニュース映像のようで、
絵画のようで、写真のようで、舞踏のよう。

ホアキン・フェニックス恐るべし。