映画『ペット・セメタリー(2019)』観た。

映画『ペット・セメタリー(2019)』観た。
リメイク版。原作とはかなり違っるのか?
原作を読んだのはかなり前なので判断が困難だ。
もう一度原作『ペット・セ“マ”タリー』を読んでみる必要があるのかも。

というわけでとりあえず、
映画『ペット・セメタリー(1989)』観てみた。
どうやらこちらの方が原作に近いようだ。
原作者スティーヴン・キング本人が
カメオ出演していることからも推察できる。

2019年版は現代ホラーのお約束である
お化け屋敷のような脅しの仕掛けが多く、
そのことからホラー映画らしいホラー映画だといえる。
1989年版はキング自身が脚本を手掛けたこともあり、
映画的な脅しよりもストーリーの不可思議さで
ジワジワとキングらしい恐怖がより伝わる。
 
私見ではキングの作品に共通する緻密な背景を重視するならば、
B級映画としても酷評されている
1989年版の方が優れていると言えるだろう。
例えばこの作品では先住民族に伝わる霊場の存在が
後の2019年版よりも大切に描写されていたりする。
この地味さ加減も一般受けしない理由ではあるのだろうが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。