映画『ボヘミアンラプソディ』観た。

遅まきながら。

私個人のクィーンに対する認識では
主人公のフレディ・マーキュリーはあまり似ていないが、
他のバンドメンバーは本人にしか見えないほど似ている印象だ。

この作品の爆発的なヒットの理由は、映画の良し悪しというよりも、
クィーンが繰り出す音楽を含めたパフォーマンスの凄さ故だと理解した。

リアルタイムでクィーンを知らない世代の人たちにとっては、
このメンバーがクィーンそのものだと感じたんだと思われる程の出来の良さ。

上質で壮大なリマスタリングMVだったような気がする。音は抜群!

泣きどころはエンディングの『伝説のチャンピオン』の歌詞あたりなのかな?

誰にも似ていないフレディ・マーキュリー、
オリジナルのステージを見返すとその凄まじさに改めて鳥肌が立つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です