いざ、鎌倉へ。

早めに到着したので、とりあえず「由比ヶ浜」。
以前訪れた逗子界隈同様、鎌倉の方たちが海岸や公園などで
連れているワンコたちは、ほぼ例外なくみんな“デカイ”。

「杉本寺」でお約束の“苔の階段”を一生懸命覗き込み、
「報国寺」でお目当の“竹林”に足を踏み入れると、
そこでは多くの庭師さん(だろうか)が作業をされていた。

黒いワイヤーが遊歩道のあちこちを這っていて、
それらを避けながら歩いていると、
「こちら、通れますからどうぞ。台風でね大変なんですよ。」

私「この前のですよね。」
庭師さん「そうなんです。ここの竹の7割くらいが倒れてしまいましてね。」
私「え? 竹が、ですか?」
庭師さん「ええ、竹が、です。」
私「千葉があの様子なんで、台風の進路の左側でも酷いですね。」
庭師さん「こっちは北風だったんで、
ちょうどここに吹き込んでしまったんです。」

見上げると、その黒いワイヤーがあや取りの糸のように
一本一本の竹の間に複雑に張り巡らされている。

私「それでこのワイヤーで支えてるんですね。
‥いずれこれは外せるんですか?」
庭師さん「この子たちが自分の力で立てるようになればですねぇ。
半年くらいかかるかもしれません。」

言葉がない。

続いて、いざ北鎌倉へ。

円覚寺から、明月院、建長寺へとお寺巡り。
北鎌倉の駅はいい風情を醸し出している。
週末はこんなにのんびりとはしていられないだろうが。

そして、大磯へ。

「大磯こゆるぎの浜」から「旧吉田茂邸」。
ちょっと戻って「照ヶ崎海岸」では“アオバト”には出会えず。
日が暮れてから小田原へ向かい、帰りの新幹線代を少しだけ節約。

この日の全歩行距離は45,422歩・27.7㎞。
だいたいウチから犬山“明治村”まで踏破したことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です