MacBook Air と Mac miniに EL CAPITAN をインストール。

制作に使用するマシンはまだ様子見状態なので、
手始めにMacBook AirとMac miniをEl Capitanにアップグレード。
パッと見は全く変わらないですが、動作は少し速くなった印象。
フォントの変化には慣れが必要かも。

その他、痒いところに手が届くような新機能の
恩恵を受ける機会はいまのところあまりなさそうです。
とりあえず、「日本語ライブ変換」でも試してみましょうか。
スペースバーを押さなくても自動変換されるようですが、
長年染み付いた入力のリズムが変わると、
かえって効率が悪くなってしまいそうな気もしますが。

仕事に直接関係しない細かい新機能を開拓する前に、
あっという間に次のバージョンになってしまう。
開発者に申し訳ない“猫に小判”状態、毎回そんなことの繰り返しです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です