正しい生き様を見せていただいた、森美術館『塩田千春展:魂がふるえる』。

遅まきの夏休み。
次々に訪れる台風をやり過ごし、スケジュールを調整し、
やっとの事で会期に間に合わせることができた。

凄まじい迫力の展示物がその威力を発揮する中、
作家さんの過去の歴史を鑑みる部分が印象に残った。
なるほど。確かに筋が一本通っている。

何かストンと、気持ちよく腑に落ちる感覚を味わった。

因みにスケジュールがずれ込んだため、
初日に訪れるはずだった原美術館は
休館日と重なることとなり、またもや幻と化した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です