「藤前干潟」タグアーカイブ

貴重な箱庭、藤前干潟。

ラムサール条約に登録された“藤前干潟”。以前は広大だった干潟はそのほとんどが埋め立てられ、大海を渡ってくる鳥たちにとっては小さな箱庭のようだろうが、そんなことはおかまいなしに今日も一生懸命生きている。

彼らのお陰でここはゴミ処分場にならず、かつ我々名古屋市民はごみ分別の重要性を知ることができた。

フード被り稲永公園、藤前干潟を望む。

晴天に恵まれながらも寒風吹きすさぶ中、
首をすくめ羽の中に嘴を埋め耐えるカモたち。
角度のついた堰堤を上手に利用して
仲間と効率よく日光を受け止める様に感心しつつ、
私も耳当てにフードを被って完全防備。
それでも度々野鳥観察館へ避難し暖をとらないと、
身体中の感覚を失ってしまいそうになる。

ここへ来るのはなんだか寒い時ばかりの様な気がする。
前も思った、今度は暖かい季節に訪れようと。

海の日、ちょっとだけ海へ。

藤前干潟を望む稲永公園、灼熱の海の日。
干潟に小さな石ころがたくさん。
よ〜くみると、ちょこまかと動いてる。
ハサミを上下にせわしなく動かしている
カニ、カニ、カニ。干潟一面が全てカニ。
これだけいれば、海鳥たちは餌に事欠かないだろう。

それぞれがマイカメラを持って
仲良く鳥を眺めている父娘が微笑ましかった。