映画『グリーンブック』観た。

凸凹コンビのロードムービーはよくあるが、
その凸凹具合が複雑すぎる。根底に流れる差別のベクトルも
複雑に絡み合い、どこから手をつけたらいいのやら。

主役のキャデラックをはじめ、
全編に登場する当時のクルマたちが美しい。
また『石』『銃』『手紙』『買収』などの仕掛けが多く、
尚且つそれぞれが繊細だ。

無責任な望みと知りながらも、
この実話を奇跡と呼ばなくてもいい世の中になることを祈るのみ。
エンディングが暖かく大晦日によく似合う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です