待望の2番目は“赤”だった。

花の中心に水を湛えている

蕾の隙間からチラリと見えた様子から
白ではないかと思われていた2番手は赤い「姫赤」だった。

赤というよりは淡ーいピンク色で
先に咲いた黄色と同じく小さくて可愛い花だ。
昼過ぎに開き始め夕方前に閉じる咲き方も同じ。

午後2時頃には花を閉じ始め
午後3時にはピタリと閉じてしまった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です