盲点だった滋賀県立琵琶湖博物館。

琵琶湖を訪れたのは幾たびか、
湖東琵琶湖大橋より北の湖岸道路を走ることが多く、
ここ「滋賀県立琵琶湖博物館」へ訪れたのは初めて。
リニューアル中で閉鎖されているところが多かったが、
駐車場も広大で、その充実した施設に驚いた。
近隣の「草津市立水生植物公園みずの森」まで徒歩での移動。
風車を見ながらの、そのほのぼのとした道のりが印象的。
ここ花盛りの「みずの森」では暑さを忘れてのんびりできた。

ゆったりとした琵琶湖を背景にスポーツカイトに興じる人たち、
網を片手に昆虫を探す子供たち、湖面にはプレジャーボート、
湖岸には釣り人、空にはウルトラライトプレーン。
滋賀の人たちが羨ましくなったひと時だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です