20℃越えで棕櫚(シュロ)産卵床を設置。

気温が20℃を超えてきたので、棕櫚産卵床を設置することに。

24時間水に馴染ませた産卵床の形を整え、

結束バンドで吸盤をつけ準備完了。

今年は子供達を増やしてやらねば。
ただし、2年前のように可愛い稚魚見たさに、
野放図に増やしすぎてしまわないように注意しないと。

快適な住環境は一匹あたりの充分な空間確保から…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です